カスタムカー、コンプリートカーの販売、エアロパーツやアルミホイール・ローダウンなどのドレスアップ専門店

エムズスピード千葉  |  千葉県木更津市潮浜 1-17-116  |  TEL.0438-30-8188

ホーム > ローダウン-ドレスアップは足元から。低重心で走行性能もUP!

ローダウン-ドレスアップは足元から。低重心で走行性能もUP!

車を購入した後、どこからカスタムをしていいかわからないという人もいるだろう。
そこでカスタムの入門編ともいえるローダウンについて説明していく。

ローダウンとは・・・?

自動車の車高を低くすることを意味する。
なぜ低くするかというと、車高を下げることによってタイヤとボディの隙間が少なくなり、 レーシングカーのようなカッコよさが生まれる。 もちろん、コーナリング時は重心が下がることによって安定し旋回性能もアップするメリットだ。

ローダウンの方法1:ローダウンサスペンション

RS★R サスペンションコイル

車のサスペンションは基本的にショックアブソーバーとスプリングでの構成となっており、金属バネであるスプリングを短いものに変えることにより車高を下げる方法。

スプリングの長さは大体3~4cmダウンが主流だ。

ダウンサスのデメリットをいうと、純正のショックアブソーバーが動く範囲を減らしている為、いわゆる乗り心地が【硬い】という風になりやすい。

ローダウンの方法2:車高調正式サスペンション

車高調正式サスペンションの画像

こちらはサスペンション一式丸ごと交換してしまう方法。
ダウンサスとは違い、ショックアブソーバーと金属バネどちらも交換となる為、ベストマッチングの組み合わせで製作しているということ。

そしてショックに一体となっているスプリングシートを調整していくと、車高の上げ下げができる仕組みとなっている。

なるべくローダウンしたい、逆にダウンサスで下がりすぎてしまうと調整が聞かなくて困るという人にお勧めだ。

上記2パターンが主流だが、中にはイベント出展用でエアサスペンションを組むという手もある。

ローダウンの方法3:エアサスペンション

エアサスペンションの画像

バスや高級車にはもともと標準装備の場合があるエアサスペンション。

こちらは普通の油圧とは違い、圧縮空気を利用したサスペンションである。 金属バネとは違いかなり車高短にするまで車高を下げられる幅がある。

こちらにコントローラーキットを加えることにより、リモコンひとつで車高の上げ下げが可能となる。 金属バネとは違いかなり車高短にするまで車高を下げられる幅がある。
もちろん、下げすぎた場合での通常走行は危険、故障の原因となる為、全下げ時はイベント用などである。

ローダウン後のSUVタイプの画像

ローダウンすることにより、SUVタイプもここまでイメージが変わる。
お洒落は足元からというようにマイカーのドレスアップも足元から。

当店では車高調正式タイプのサスペンションが一番人気である。上下幅も確保でき、エアサスよりも安価の為お買い求めやすい。